友人の結婚失敗の例です。彼女はバツ1で子供が1人おり、シングルマザーとして子育てと仕事に邁進していました。看護師という仕事柄、製薬会社の営業さんと接する機会が多く、そのうちの1人から熱烈なアプローチを受けたそうです。真面目で優しそうな人だったので彼女も受け入れ、交際を始めました。子供がいることにも理解があり「その子の父親になりたい」と言ってくれたそうです。程なくして二人は結婚しましたが、結婚後に彼の借金が発覚。独身時代にスナック通いを続けていたのが借金の原因だったのです。彼女は結婚したら家を購入したいと思っていたのですが、借金の返済があるため出来ませんでした。営業だからとスーツやネクタイにもお金がかかる人で、彼女の収入で生活しているような状況になってしまい、結局数年で離婚してしまいました。結婚する時は、相手の給与だけでなく借金の有無も確認するべきです。