よく、婚前交渉を重ねておかないと、性生活が成り立たないことで結婚失敗の結末に陥ってしまうという話を聞くことがありますが、私がそれを実感したのは友人の離婚話を聞いた時のことです。

 性格もルックスも互いの子のみだったという結婚だったのですが、日々の仕事の多忙さで夜の生活が擦れ違い気味になり、実際に私の友人である夫の方が、メンタルの病になってしまった結果、性的不能になってしまったのも、結婚失敗の大きな遠因となりました。

 後日談として友人の夫の方が「体の相性はよくなかった」と嘆くように語っていますが、女性としては愛情表現の1つとして性交渉を考えている人もいるということは、人間のサガとして当然だと思います。体の相性という言い方に嫌悪感を感じる人もいるでしょうが、この部分のことも考えておくべきことではないかと私は思います。